相続税 対策のサイト

相続税は、所有する財産すべてに対して課される税金です。
相続税対策を考える際には、自分の所有する資産がどれくらいあるかを確認し、それに対してどれだけ相続税がかかるのかを知っておくのが大切です。

 

財産の総額を把握するためには、財産の内容を種類別に調べておく必要があります。
一番わかりやすい財産は土地や家屋ですが、生命保険や有価証券なども比較的大きな財産として把握しておきましょう。
また、賃貸経営などで土地や建物から収入を得ている場合は、年間どの程度の収入があるのかを知っておくのも重要です。
その他、税金の未払いや借り入れなど、マイナスの資産がないかも確認しましょう。

 

固定資産評価証明書や土地・家屋の名寄帳など、財産の把握に必要な書類を揃えたら、現在所有する財産に相続税がいくら加算されるか考えます。
そして、将来的に相続税の負担をどうしていくかを考えます。
有効活用すべき土地を所有している場合は、損益・収支・税金の効果を検討して、相続税をスムーズに払えるように有効活用することを考えます。

 

財産として土地を所有している人は、土地の広さよりもその土地でいくら稼げるかにポイントを置き、多額の相続税を払って破産してしまうことのないように考えると、失敗しない相続を実現できます。
相続税対策のポイントは、今ある資産の価値を正確に把握することです。
これを踏まえて、スムーズな相続を行えるように事前準備をしましょう。