相続税 対策のサイト

高額な資産である土地を所有する方は、毎年、固定資産税や所得税を納税していますよね。
土地にかかる税には、この固定資産税や所得税の他に相続税があります。
しかし、相続税に関しては、相続が発生する前に気にかける人は多くありません。
ですが、最も注意すべきなのはこの相続税なのです。

 

相続税は、被相続人が亡くなったとたんに発生する借金のようなものです。
目に見えない借金のような存在で、実際に相続が発生してから土地の相続税を納めようとすると、高額すぎて納められないという場合もあります。
土地を売って相続税を払おうと思っても、土地というものはすぐに売れるとは限りません。
また、地価が下がってしまい、相続税による破産ということにもなりかねません。

 

こうした事態を防ぐためにも、相続が発生するよりも早い段階で納税資金が用意できるのかどうか把握しておき、用意できなければ適切な対策を立てる必要があります。
相続税対策は、余分な税金を納めなくて済むだけでなく、相続の際に発生するトラブルを防ぐことができます。

 

そして、相続の際に最も気をつけたい、「相続のせいで家族間・親族間のトラブルが起こる」という事態も防ぐことができます。
家族の絆が壊れてしまうと、お金を失う以上に取り返しのつかない事態にもなりかねません。
事前に相続税対策をしておけば、より多くの財産を残すことができ、遺産分割をスムーズに進めることもできます。

 

さらに、相続税対策で計画的な節税を行うことで、相続税にも密接に関係している固定資産税や所得税の節税につながる場合もあります。