相続税 対策のサイト

相続税対策とは、相続の際に納税する税金をなるべく少なくするためのものです。

 

遺産を相続する際には、相続人に相続税がかかります。相続が発生すると、いろいろなトラブルや悩みに直面することも少なくありません。
そんな問題のほとんどは、相続が起こる前にしっかり準備しておけば避けられるものばかりです。
相続税対策とは、事前に相続を考え、こうした問題をスムーズに解決するための準備です。

 

相続税対策を考えるときには、法律用語や法的な考え方など、相続税に関する知識があまりないと難しいと感じる内容が多いので、税理士などの専門家に相談するのが最良の方法です。

 

相続税の改正が、平成27年1月に行われ、今までは相続税の課税対象ではなかった方にも相続税が発生する場合が出てきました。
相続税の改正では、基礎控除額が引き下げられたため、これまで関わりのないものだと思っていた方も、課税対象がどうかの見直しをしておいた方がいいでしょう。

 

基本的な相続税においては、税の算出方法が定められているので、相続が起こった後で相続税対策をとるのは難しいです。
ですから、相続税対策は、相続が発生するより事前に考えておくのが大切なんです。

 

相続税は、原則として現金払いで納税します。
不動産などの相続がある場合、すぐに現金に換えることは難しいため、相続しやすいように現金や預金に換えておき、遺産を分割しやすいようにしておくなどの事前準備も相続税対策です。