相続税 対策のサイト

相続税は、相続で財産を取得した人が払うことになります。
例えば、夫が亡くなり妻と子が相続した場合、それぞれが相続税を支払います。
相続人は、遺言がある場合、遺言の内容に沿って決められ、遺留分を除くすべてが遺言状によって相続人に相続されます。
遺言状が無い場合には、被相続人の家族である法定相続人が、決められた割合に沿って財産を相続します。

 

法定相続人は、被相続人の配偶者と子、父母、兄弟姉妹です。
法定相続人の中で、配偶者は常に相続人となることができます。
その他の法定相続人には優先順位があり、第1順位が子、第2順位が父母、第3順位が兄弟誌ましです。
順位が上の法定相続人が存在する場合には、順位が下の法定相続人が相続人になることはできません。
例えば、子がいる場合、被相続人の父母や兄弟姉妹は相続人になれません。

 

相続する資産をすべて合わせた額が、基礎控除額を超えた場合に相続税が発生します。
相続税は、相続人が相続した資産の割合に応じて納める義務が定められています。
相続人それぞれに義務がありますが、連帯納付義務があるため、相続人の内、誰か一人が納税を怠っている場合、滞納分の相続税を他の相続人が納める必要があります。

 

このように、定められた法定相続人や遺言書により相続が決まっている相続人は、相続が起こってから慌てるのではなく、スムーズに相続税を納められるように相続税対策が必要です。
特に、不動産など額が大きくなる財産がある場合は、相続税対策が大切です。